薄毛は病院で治療が可能|女性の悩みをすぐに解決

髪に触れる女性

効果が高い治療

医者

増え続けている患者数

昔は薄毛といえば男性特有の悩みというのが一般的な常識でした。男性向けの薄毛治療専門病院はありましたが、女性向けはあまりなく、女性が治療できるところといえば育毛サロンに限られていました。育毛サロンは病院ではなくエステの一種で、治療ではなく、独自のサプリや育毛ローションなどを使ってケアをしていきます。100万円単位のとても高額な施術料金がかかり、効果がない場合は大きなお金の無駄になります。しかし、近年は女性向けの薄毛の治療薬が開発されました。男性ほど長い歴史はありませんが、女性の薄毛治療もそれなりに研究が進んでいます。女性専門の薄毛治療ができる病院も増えてきており、女性の患者数が増え続けているそうです。

様々な治療メニュー

病院での女性の薄毛治療には、ヘッドスパ、毛髪再生メソセラピーなどの院内治療と、内服薬や外用薬を使ってのホームケアがあります。ヘッドスパは美容院でもできますが、メディカル系のヘッドスパは薄毛のことを考えたシャンプーやトリートメントを使って行います。毛髪再生メソセラピーは注射器や超音波、レーザー光線などを使って、発毛促進成分を頭皮に投与する治療です。発毛促進成分が毛幹に浸透すると毛母細胞が活性化され、髪が成長しやすくなります。外用薬を頭皮に塗るよりも高い発毛効果があります。内服薬治療では、パントガールという女性用の薄毛治療薬が使われています。世界で初めて誕生した女性用の薄毛治療薬でびまん性脱毛症の改善に効果があります。